ドローンどんと来い!

空撮とかをしてるスカイアイジャパンのブログです。ドローンに関することを発信します。たまに営業もします。HP https://www.skyeye-japan.jp。撮影・記事執筆・講習のご依頼はこちらからskyeye.japanアットgmail.com(アットを@に変えてください)

ドローンがサメからサーファーを救う!という動画のドローン解説

こんにちは!スカイアイジャパンの今井です。

こんな記事が紹介されていました。

headlines.yahoo.co.jp

サーファーの方に近づくサメを発見したライフセーバーの方が、ドローンのスピーカー機能を使い退避を促すという動画です。

大事に至らなくてよかったな、ということですが一応ここはドローン専門のブログですので使われたドローンの解説をしましょう。

使われた機体はDJI製のMavic2 EnterpriseかDual

f:id:skyeye-japan:20190919204413p:plain

DJIのホームページより引用

Mavic2という機体をベースに更にエンタープライズ、つまり産業用途にステータスをふった機体というわけですね。大きな特徴として

  • モジュラーアクセサリー(スピーカー、ストロボ、ライト)の追加
  • 熱赤外線(サーモグラフィー)カメラの搭載
  • 保温機能のあるバッテリー
  • 光学2倍ズームカメラ

が挙げられます。今回の動画ではモジュラーアクセサリーの"スピーカー"が使われています。

また、熱赤外線カメラを搭載した上位機種もあってMavic2 EnterpriseDualと呼ばれています。"Dual"はカラー写真を撮影できる通常カメラと熱赤外線カメラの両方が搭載されているから"Dual"なんですね。

ちなみにお値段は両方ともEnterpriseなのでask...です。ご興味のある方はお店に問合せてみて下さい。

f:id:skyeye-japan:20190919205731p:plain

DJIのホームページより引用

今回は機体の画像が少ししか映らないので断定はできませんが、おそらくMavic2 Enterprise"Zoom"の方ではないかなと思います。遭難者を発見しやすくするためにさらにお値段の高いDualを購入している可能性もありますが・・・。

Mavic2 Enterpriseのモジュラーアクセサリー

  • スピーカー
  • ストロボ
  • ライト

この3つが用途に応じて取付け、変更できます。このサーファーの方を助けたときはスピーカーが搭載されていたというわけですね。

スピーカーは100dbと大音量!!

f:id:skyeye-japan:20190919210334j:plain

知人のMavic2 Enterprise

さて今回使われたスピーカー機能ですが、こんな形をしています。本体の頭の上についているんですね。

これは私のお仕事仲間の持ってるMavic2 Enterpriseの写真なんですが、すごかったです。

スピーカーの音量は100db(1m離れたところから)で、電車が通る時のガード下・自動車のクラクション、騒音のレベルは極めてうるさいとされています。

では実際どうなのかというと、耳をふさぐほどうるさいとまではいいませんが立派にスピーカーとして機能します。

100m離れたところから機体がこちらに対し反対方向を向いていてもスピーカーからの音声は聞こえました。

なので今回の動画の様に使うことはむしろ得意なところだよなぁと思ってしまいました。

どうやって使うのか

コントローラーの集音マイクを通じ、話したい内容を吹き込みます。するとデータが飛行中のドローンに転送されてスピーカーとして伝える、という仕組みです。

今回もライフセーバーの方が「サメだ!」というセリフを現場でコントローラーに吹き込んで、スピーカーから流したのではないかなと思います。

ちなみにドローンからの映像が無音なのは、ドローンのカメラは基本録音機能がないからです(プロペラの音で録音しても意味がない)。

 

今回の様にドローンが役立つとしうニュースを聞くとドローンを仕事とする身分としては嬉しくなりますね。

 

Mavic2 Proってどうなの? 箱出しレビュー!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

 

友人にMavicなどは買わないのかと聞かれた時は

"Phantomより小さいドローンは買わない。あれはおもちゃだ、プロのドローンではない"

男らしさをアピールするために、そう言ってきました。コストコMavicを見た時も

"コストコで買えるということは一般向けだ。プロのドローンではない"

と事情通を気取って来ました。

ビックカメラやヨドバシでInspire2Matriceがおいていないことを確認し、Mavicがあるところ見て

"ふっやはりInspire2Matriceはプロの道具よ・・・Mavicはプロのドローンではない"

と誰にも聞かれていないのにプロを気取っていました。

 

 ことあるごとにMatrice210Inspire2をドヤ顔で持ち歩き、仕事できますアピール。きっと心のどこかでコンパクトの魅力にハマってしまう自分が怖かったのでしょう。

しかし、この度見事Mavic2Proを購入しました。だってすっごい良さそうだったんだもん。仕方ないね。

そしてすごいいい。たまりません(総評

ファーストインプレッション

 まず、小さい!割に重い!という印象。Phantomは空洞に近いパーツもあるんだけれど、Mavic2Proはぎっちりとパーツが一箇所に詰まっている感じ。めっちゃ鍛えてる小柄のスポーツ選手みたい。こういう小柄なのにガッチリしてる友人いますわ。

そしてサイズもPhantomクラスと比較しても相当小さい。Matrice210なんかと比較したら、これもう大人と子どもぐらい。Inspire2Matriceのプロペラより小さい。

f:id:skyeye-japan:20190114135049j:plain

プロペラの比較。意外だったのがPhantom4シリーズのプロペラとほぼ同サイズということ。見た感じもっと小さいと思ったんだけど、少し短いかなー?ぐらい。

Inspire2のプロペラが一枚で2kgクラスの推進力を持つとのことなので、これ一枚で1kgのMavic2Proは飛べるということなのかな。そんな単純な計算ではないかも。
プロペラは折りたたみだし、こんな小さいから一瞬「こんなんで安定して飛ぶのか?」と不安になる人がいるのも納得。自分もやはり不安になります(実際は抜群の安定性

Mavic2 Pro 箱出し 

 今回はMavic2 ProFly Moreキットとのセットで購入。Fly Moreキットは後半レビューするとして、まずはMavic2Proの箱出しレビューを。

背景にMacBookiMacをさりげなく置くことでオシャレ感もアピール。

 

中身一式はこんな感じ。

  • Mavic2Pro本体
  • バッテリー (1)
  • コントローラー
  • プロペラ
  • プロペラ予備 1
  • 充電器
  • RCケーブル(USB3.0-USB C)
  • USB-C
  • MicroUSB
  • Lightning
  • USB アダプタ

少なくともこれで飛べはします、という最低限のセットアップです。DJIあるある。SDカードは別売りなのでFly Moreキットなどを買わない人は要注意※1

1.本体に8GBほどの内蔵メモリがあるので無くても箱出しで撮影はできます。

わかりにくいマニュアル

 毎回思うんですが、いかにシンプルにって言ってもこれはねーだろというレベルのシンプルなマニュアルがついてきます。Mavicシリーズはかなり敷居を低くしてあるので、ドローン初めて!という人も相当意識してると思うんですが、それでもシンプルを通り越して不親切。

apple製品を意識してるのはわかわかるけど、スマホとは違うのでもう少し手ごころというか・・・。

コントローラーは小さい!フルサイズスマホと同じサイズで握りやすい

f:id:skyeye-japan:20190113020404j:plain

iPhoneに代表される大型スマホ(6.5inch)を横にしたときのサイズを基準にして作られたみたい。持ちやすいと感じる最小サイズなんでしょうかね。なので、コントローラーにしてはすごく小さく感じます。

よくできてるなーと思うのが、スマホホルダー。伸ばすとちょうど手のひらにあたり安定感が増します。これがないと包み込むようにしてコントローラーを持たなければないらないのでちょいとしんどい。

あ、だからスマホをコントローラーの上ではなくて下にモニターとして固定するのか。納得。

分厚さはさすがにスマホ2.5倍ぐらい。

今回はじめてMavicのコントローラーを触ったんだけど、パッと見ポータブルゲーム機みたい。ほんとにこんな小さいのに全機能預けていいのか、という不安が一瞬よぎります。

でもやっぱり性能はいい。多少慣れは必要・・・だけどそれは当たり前といえば当たり前か。使いやすいし、備え付けのモニターに表示される情報も必要なものを全て出してくれるのでわかりやすい。13万するCendenceコントローラーより情報量が多くていいじゃん。

f:id:skyeye-japan:20190113020509j:plain

余談ですが、Phantom4ProPlus,Inspire2,Cendenceコントローラーと並べてみました。フルサイズコントローラーに比べるといかに小型かわかるとおもいます。

予備プロペラがなぜか一対

f:id:skyeye-japan:20190121231704j:plain

つまり二枚組なんですよ。スペアは4枚組で仮にプロペラを全部だめにしてしまっても再度フライトはできるように用意してあるはずなんだけど・・・。

全てのスマホに対応する各種USBケーブル

USB-CMicroUSBLightningが用意されているので自分が使うスマホによって交換。出荷時のコントローラーにはLightningになってるのでiPhoneユーザーはひと手間減ります。

f:id:skyeye-japan:20190115120007j:plain

ワシっと両サイドからスマホを挟み込むんですが、サイズより「厚み」がネックになってきます。自分はシンプルにクリアケースを使ってるんだけど、それでも取り外さないと使えないので、手帳型の人とか両面テープでスマホを固定する系のケース使ってる人はしんどいかも。

(ふつうの)充電器

 Mavic2Proのバッテリーやコントローラーの充電用。確認してないけど、USBの接続端子があるので、スマホなども充電できます。

Phantomの充電器と比べても一回り小さいんだけど、やっぱりそれなりのサイズ。このあたりは中々小型化できないよね。

それで充電するときなんだけどこれ、よく見たらきちんと向きがある(笑)。充電器とバッテリーの接続部の写真だけど、よく見ると斜めに切り欠きがあるのわかります?

f:id:skyeye-japan:20190115114019j:plain

これけっこう面倒で、いちいちバッテリーの向きを確認しなきゃいけない。左右非対称にしたメリットはあるのかな。

書いてて気がついたんだけど、このコントローラー、どっちかというとスマホとかの位置づけっぽい。充電方法がUSB経由ってのもあるからかな・・・

余談だけどバッテリーの同時充電はできないので、1つ充電できたら取り外し、次のバッテリーを・・・という方法。いい加減複数同時充電できる様にしてほしい。

 

総評

 まず箱出しで感じたことはものすごく社交的になってきている、ということ(笑)

Phantom4Pro,Inspire2,Matrice210と触ってきていますが、どれも良い意味でも悪い意味で独立した機材です。ドローンだけ!という意味で。

ただ、今回Mavic2Proを触ってみてスマホが充電できたりと他の日常生活品との社交性が高めになってきています。

とまあこんな感じでサラッと触ってみた感じのレビューをしてみました。

今後は使用感などのレビューもしていきますのでお楽しみに!

djiが水中用ドローンを発売!?

こんにちは!スカイアイジャパンの今井です。

数時間前にこんなニュースが。

 

f:id:skyeye-japan:20190509030839j:plain

 

一瞬防水ドローン!?と思いましたが、それだとこんな水中のイメージは使わないと思いますし、Matriceなどは防水機能を有しているのでそこまで新しい機能でもありません。

 

となると残るは水中用ドローン!?

 

日本時間の5月15日22時、公開予定なので楽しみに待ちましょう!

 

→DJIのGoProでした・・・

【満員御礼】田村装備開発様 & スカイアイジャパンドローンスクール定員に到達しました!

こんにちは!スカイアイジャパンの今井です。

25日時点であと1名となっていた田村装備開発様 & スカイアイジャパンドローンスクールですが、無事9名の定員に到達しました!

ありがとうございます!!

f:id:skyeye-japan:20190324234840p:plain

昨日も田村装備開発様と打合わせさせていただいたのですが、そこから色々なアイデアが出てきてどんどん良い意味で「改定」しています。

当日はベストの内容を皆様にお伝えできるように鋭意努力しております!!

田村装備開発様とドローンスクールを共同で開催することになりました!!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

ちょっっっと告知が遅れてしまいましたが、タクティカル分野の第一人者である「田村装備開発」様と共同でドローンスクールを行うことになりました!!

f:id:skyeye-japan:20190324234840p:plain
いやー光栄でございます。もともと田村装備開発様のことは存じ上げていたのですが、なかなかご一緒する機会がなく(!?)この度、共通の知人のご紹介によりトントンと話が進み・・・

という具合でございます。

田村装備開発、代表田村様 ご紹介文

tamurasoubi.co.jp

今回の「田村装備開発×スカイアイジャパン」のドローンスクールで徹底してお伝えしたいのは

  • 安全管理
  • 実用的な技術と練習

です。詳しくはコチラ↓

tamurasoubi.co.jp

概要ですが

  • 期日:2019年4月27日(金)〜29日(日)
  • 場所:田村装備開発、埼玉県東松山市大谷4453
  • 料金:198,000円
  • 募集人数9名(残り1名、2019年3月25日現在)

満員御礼!!26日、無事9名到達しました!!

となっています。

安全管理といえば田村装備開発様の右に出る者はいないだろう、なんですがその田村装備開発様の田村様、長田様と徹底的に実用的なドローン練習と、安全管理について話し合い、今回のドローンスクール開校に至りました。

 

田村装備開発様の持つ「超」実践的な安全管理と私がドローン撮影で得た技術や知識を惜しみなく三日間、お伝えさせていただければと思います。

 

し・か・も!

練習場所は田村装備開発様所有の敷地内で行われ、田村装備開発様のランドマークとなっている20m以上あるラペリング塔を使ったドローン操縦の練習もします。

ご興味のある方はぜひ、ご参加下さい!

 

追記

2019年3月25日 残り1名となりました。

ありがとうございます!

ipad mini5発売決定!!名前はipad miniへ ipad mini Airも復活!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

やはり、ipad mini5は発売される様です(2019年3月18日情報)。ただ、名前はipad mini5ではなく、そのままipad miniに。

また、ipad mini airも同時に発売されるとのこと。

お値段は

だそうです。出荷は3月30日を予定とのこと。

www.apple.com

www.apple.com

アップルペンシル対応だとか、どれぐらいスペックは伸びたのだとか色々あるとは思いますが、ドローンオペレーターとして気になるのは画面輝度これしかありません。さて、前のブログでも言及していた画面輝度はどうなったのでしょう・・・。

skyeye-japan.hatenablog.com

調べてみると公式ページにmini,airともに500ニト、つまり500cd/m^2と書いてありました!!!

ipad mini4が450ニトだったので・・・まああまり変わらなかったということですね。

iPhone7は625cd/m^2で、これだけあればそれなりに日中でも見ることができます。なのでそれよりは若干暗いかな・・・

という感じ。

これは微妙なところ。

あと、ドローンのオペーレーターは夏場の炎天下で作業することも多いです。去年の夏は山頂でiPad mini2がヒートアップして大変だったので、推奨動作環境温度を知ることも大切です。

最新のipad mini(5)とAirの動作時環境温度は0°〜35°C

真夏の炎天下は危ない感じですね。

とりあえず、ipad miniが新しく発売されるということで速報をお伝えしました。