読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローンどんと来い!

空撮とかをしてるスカイアイジャパンのブログです。ドローンに関することを発信します。たまに営業もします。

DJI 新製品 究極の自撮り用ドローンSpark発表!

こんにちはスカイアイジャパンの今井です。

ただいま、(5月25日01時現在)DJIによる自撮りドローンの新作発表がありました。

もともと自撮り用ドローンだろう、という噂はあったのですがその通りでしたね。

f:id:skyeye-japan:20170525021731p:plain

f:id:skyeye-japan:20170525020052p:plain

デザイン的には同社のMAVICとGoProのKarmaを足して2で割ったようなデザインです。

www.youtube.com

気になるスペックなどをDJIのHPから抜粋します

  • 値段:65,800円
  • 最大飛行時間:16分
  • 最大速度:50km/h
  • 大映像伝達距離(HD動画転送):2km
  • FPV(First Person View.パイロットとして操縦している様な映像が撮影できる)

その他の機能として

があり、自撮りドローンとしてはこれ以上ない機能を搭載しています。

クイックショット

Sparkをどのような動きをさせて撮影させるか、というモードです。

  • ロケット:カメラを真下に向けたままSparkは垂直に上昇する
  • Dronie:カメラを被写体に向けたままドローンは斜め上に上昇する
  • サークル:被写体を中心にドローンが回転しながら撮影する
  • 螺旋(らせん):被写体を中心にドローンが螺旋を描きながら上昇する

と、どれも迫力や魅力のある映像が撮れる機能です。個人的にこの機能はPhantomにも搭載してほしかった(笑)

タップフライ

プロポ(コントローラー)の画面をタップすると、そこに向かってSparkが飛んでいく機能

アクティブトラック

被写体(人など)を自動で検知してその被写体を追い続ける機能です。

ジェスチャー

特定の動きをするとSparkがその動きを認識して撮影をします。

 

まずはこんな感じでしょうか。

これ本当に自撮りドローンなの!?と思えるぐらい高機能のドローンに仕上がっているようです。これは結構すごい映像が簡単に撮れそうですね。

他にも何かあったら加筆修正していきます。

 

多治見市のモザイクタイルミュージアムをドローンで空撮!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

少し前の話になりますが、岐阜県多治見市にある観光スポットで有名なモザイクタイルミュージアム様(以下モザイクタイルミュージアム)にてドローンで空撮、写真と動画の提供させて頂きました。

www.mosaictile-museum.jp

所在地: 〒507-0901

岐阜県多治見市笠原町2082−5

時間:· 9時00分~17時00分

電話: 0572-43-5101

f:id:skyeye-japan:20170519005516j:plain

タイルの生産日本一である多治見市笠原町に2016年6月にオープンしたモザイクタイルミュージアムですが、かなり変わった形をしています。

私もはじめて見たときはこれ本当に建物?と思っていました。信じられないですが、これがミュージアムそのものなんです。写真で黄色い歩道が見えると思いますが、その先にあるのが入り口です。

正直なところ、そこが入り口だと教えられていても本当に?嘘じゃないの?と疑っていました(笑)

モザイクタイルミュージアム

こう見えて4階あって、

1階:ワンコイン体験工房、貼子体験

2階:色々な機能やデザインを持つタイルの展示

3階:タイルの種類・歴史

4階:タイルを使った工芸美術などのアート

となっています。個人的には現在の在宅事情にあった高性能タイルの展示が面白かったですねー

屋根に穴!?

f:id:skyeye-japan:20170519010601j:plain

光の加減で少しわかりにくいですが、モザイクタイルミュージアムを真上から撮影した写真です。左側に大きく穴が空いているのがわかると思います。

撮影をしていて、ずっと疑問だったのがこれ内部に直接つながってるよね?雨の日大丈夫なの?肝心なところまでは雨が入ってこない構造になってるとか??

といろいろと考えてしまいました。

内部からみた時は何故かそんなことも考えなかったのですが、空撮をしているときにふつふつとそんな疑問が浮かんできました。

モザイクタイルミュージアム館長でもある堀江館長様にそのことを聞いてみたところ、繋がっているそうです(笑)。

後から自分も確認しましたが、やっぱり繋がってる(笑)。空が見えちゃうんです!

f:id:skyeye-japan:20170519011927j:plain

これが内部の4階から撮った写真です。空が見えてますよね。

はてさてじゃあ雨の日は大丈夫なのか、というと大丈夫なんですよ。雨は当然入ってくるんですが、傾斜がかかってるのか?一箇所に集められてきちんと排水されるようになってるんですねー。

そもそも4階は濡れてもいいのか?という話ですが、4階そのものが防水構造になっている様です。例えは変ですが、風呂場みたいな構造なんですよ。風呂場だったら濡れてもいいし、外が見えていても構わないということです。

単純ですが、それを実際に表現するってすごいですよね・・・

モザイクタイルミュージアムは夜もきれい

モザイクタイルミュージアムは夜も綺麗なので、ドローンからその魅力をお伝えします。

f:id:skyeye-japan:20170519014516j:plain

f:id:skyeye-japan:20170519014615j:plain 

f:id:skyeye-japan:20170519014718j:plain

はてさて、今回はモザイクタイルミュージアムの魅力を空からお伝えしました。

 

タイルや工芸美術に興味のある方はぜひ行ってみてください!

 

 

眞子様のご婚約とセラミックパークMINO空撮

こんにちはスカイアイジャパンの今井です。

眞子様ご婚約おめでとうございます。突然の発表で私も含めてみなさんびっくりされたのではないでしょうか。

 

さて、私事になりますが先日5月15日に眞子様とご縁のある岐阜県にあるセラミックパークMINO様にてドローンによる空撮をさせていただき、画像と動画を提供させていただきました。*1

眞子様とどんな縁があるの?と気になる方もいらっしゃると思うのですが、まずはセラミックパークMINOの紹介から。

セラミックパークMINO

セラミックパークMINOとは陶磁器の美濃焼きで有名な岐阜県多治見市にある美術館です。

www.cpm-gifu.jp

普段は陶磁器を扱った現代アートを展示したり、イベントを催したりしています。ここだけ聞くと「お堅い」美術館だろう、というイメージになってしまいますが実は一般の方に親しんでもらうようにお茶会など色んなイベントが開かれていてイメージよりもぐっと敷居の低い美術館でもあります。

またこの美術館は意図的に森の中に溶け込むような形で建てられていているので、ゆっくりと美術を楽しみたいという方だけでなく、森を散策したいという方(周りに散策路があります)など色んな形で楽しむことができる様になっています。特に美術館周りは岐阜の特徴のある植生が集まっているので自然が好きな方もうってつけのロケーションではないでしょうか。

f:id:skyeye-japan:20170517203526j:plain

ドローンにて撮影

眞子様とセラミックパークMINOのご縁って?

さて、そんなセラミックパークMINOですが毎年9月から10月にかけて世界最大級の陶磁器の祭典として「国際陶磁器フェスティバル美濃」を主催しています。

www.icfmino.com

その「国際陶磁器フェスティバル美濃'17」の名誉総裁として就任されているのが眞子様なんです。前回は2014年に就任されていて、そのときもこういった工芸美術品を広く知っていただくためにご尽力されたとのことです。

眞子様は今年も二度目の名誉総裁に就任されていて、この度ご婚約なさるということでセラミックパークMINOも祝福ムードでした。

セラミックパークMINOの空撮

今回セラミックパークMINOを撮影していて、「そういえばここの国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁って眞子様だったな〜

なんて思っていたのですが、まさかその次の日にご婚約の発表があると思っていませんでした。個人的にタイムリーだったこともあり今でも現実味がありません。

 さてさて今は空撮も終わり、セラミックパークMINOの魅力を空から伝えることができるよう動画編集もしました。山の中にあるので中々全貌がつかめないセラミックパークMINOですが、空からだと一目瞭然です。

www.youtube.com

陶磁器に興味のある方、自然に興味のある方、いつかセラミックパークMINOに行ってみたいと思っている方のお役に立てたらと思います。

 

 

*1:以下セラミックパークMINOと表記させていただきます

DJI Phantom4 Pro Plusの送信機がバグりました

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

僕はお仕事用にDJIのPhantom4Proを使っていて、プロポ(送信機のこと)はDJIシリーズ初の専用モニターがついたものを使用しています。

f:id:skyeye-japan:20170511105726j:plain

色々とクセのあるモニターではあるものの、日光の下でもそれなりにモニターは見れるし使い勝手がよくて愛用していたのですが最新のファームウェアアップデートでおかしくなりました。今回はその内容と修理にいたるまでのお話です。

主な症状は

  • 撮影した画像が見れなくなった

撮影した画像をその場で確認するアルバムを選択するとその場で強制的にシャットダウンしてモニター自体も強制終了されます。30秒ほどで再起動がかかるんですが、これが本当に厄介。ぬあーってなります(笑)

撮影した画像をその場で確認することって結構あるんですが、それができなくなるというのは相当なストレスでした。撮影した画像をお客様に見せて「こんな画像でどうですかー」と確認をとろうとしたら突然の強制終了でその場で見せることはできず・・・

マジかよ!と思わずその場で言ってしまいました。

 

ドローンを着陸させているときはまだいいのですが、飛行中にアルバムを開くと(めったにないですが)プロポが一時的に使用不可能になるのは安全面から見てもかなりの痛手です。システムアップデートの後はちゃんと飛ばして不具合がないか確認もしますが、流石にアルバムを開いて確認するということはしていなかったので盲点でした。

何をしても直らないので購入店であるsystem5さんに相談したところ、

www.system5.jp

「メーカーに問い合わせる」という回答でした。その後system5さんがDJIから正式にもらった回答は

そんな症状聞いたことが無い

 メーカーも聞いたことがない症状ってナニ??

という話ですが、騒いでも仕方がないので泣く泣く修理依頼に。しかしメーカー純正のアップデートで修理費取られたらたまらんよなぁ・・・。でも海外の製品だし、どうだろう・・・と思っていたところsystem5さんから連絡があり

ファームウェアアップデートの不具合だったので、メーカーが無償交換してくれるそうです

とのこと。おお!!これで一安心。

 

というわけで、従来通りプロポは使えそうです。

余談ですが、私がたまたま購入したsystem5さんですがめっちゃくちゃ店員さんの対応が良くてどの方に当たっても親切丁寧にしてくれます。何度かドローンの件で相談させていただいているのですが、その度に「この対応力の高さはなんなんだ・・・」と感動します。

一度はsystem5さんで「ドローンを購入した」ということを電話口で伝え忘れて長々と相談したのですが、ものすごく丁寧に対応していただきました。会話の中で「そちらで購入したんですが・・・」と伝えると「あ、そうなんですか!ありがとうござます!」と言われました。買ったかどうかわからないユーザーの相談をしっかり聞くってあんまりないですよね。

なんだか最後はsystem5さんの宣伝になってしまいましたが、今回はそんなこんなでお世話になりました。ありがとうござます。

GoPro Karmaが2017年6月に日本発売!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

※2017年5月11日加筆修正

ウェアブルカメラでダントツのGoProのドローン、Karmaが2017年6月に発売することが決まったようですね。GoProファンの方、ドローンファンの方は楽しみなのではないでしょうか?

 

f:id:skyeye-japan:20170425012132p:plain

GoPro Karma

Karmaは去年に北米では販売されていたのですが、ドローン本体に電源接続の問題があって一時的に出荷をやめていた経緯があるので今回は正確には再販という形ですね。

ちなみにその電源問題はガムテープを使って特定の配線を少しずらすだけで解決する、みたいなコメントが出されていた記憶があります。なんだそりゃ。さて今回はドローンオペレーターとして、Karmaの情報をまとめてみたので購入・興味のある方は参考にしていただければと思います。

GOPro KarmaとDJIドローンの大きな違い

GoProKarmaとDJIの同価格帯であるMavicとの大きな違いはなんでしょうか?それは

  • カメラの取り外し
  • 手ブレ防止機能自撮り棒になる

です。

カメラの取り外し

同価格帯のDJIのドローンであるMavicはカメラの取り外しができません

f:id:skyeye-japan:20170425014327p:plain

DJI Mavic

それに対してKarmaは自社のGoProのみですが取り付けられる様になっています。 流石ですね。

f:id:skyeye-japan:20170425012433j:plainf:id:skyeye-japan:20170425012437j:plain

取り付け可能なのはHERO5 Black,HERO4(SilverとBlack)

手ブレ防止機能自撮り棒

f:id:skyeye-japan:20170425015009p:plain

Karmaグリップ

KarmaにGoProを取り付けるための「アダプター」がそのまま自撮り棒に接続できる(Karmaグリップといいます)というのです。ちなみにこのKarmaグリップはドローンとセットで販売。しかもただの自撮り棒ではなく、強力な手ブレ防止機能がついています。

f:id:skyeye-japan:20170425015557p:plain

緑で囲まれた部分がKarmaにそのままカメラとして搭載されます

この緑で囲まれたGoProとアダプターをドローンから外してKarmaグリップにそのままカパッと取り付けすることができるのでドローン⇔手撮りを簡単に行えるというわけです。これはDJIのドローンにはない機能ですね。DJIの場合はOSMOと呼ばれるスタビライザーがあるのでそれを別途用意しないといけません。

GoProのユーザーの方はアウトドアでハードに使うことが多いと思うのでこれは嬉しい機能ではないでしょうか。

Karmaの性能

個人的に気になる点はいくつかあるのですが、注目すべきは最大飛行距離、飛行時間この2点でしょう。公式には

  • 飛行距離:3km
  • 飛行時間:20分(→14〜15分ほど?)

となっています。

ドローンは安全を考えてバッテリー残量が30%になったら着陸準備に入ったほうがよいとされているので実質飛行時間は14〜15分と考えてよいでしょう。

気になるKarmaの安全面

これが個人的に一番気になる点です。というのも現時点で一切日本のKarmaの安全面に関する性能の記載がほとんどないのです。

まずはドローンとして先行しているDJIに搭載されているセーフ機能を紹介します。

  • ホームポイント
  • RTH(Return To Home)
  • 自動着陸

ホームポイント

ドローンが「帰ってくるべき場所」です。DJIのドローンは離陸時にGPS情報から離陸した場所やその近辺を自動で記憶します。

RTH

Return To Homeの略でRTHというのでですが、これはホームポイントと関係があります。これはプロポ(ドローンのコントローラー。送信機)とドローンの接続が切れてしまった時にドローンが自動で帰ってくる機能です(手動でもできます)。

自動着陸

色んな方法がありますが、DJIのドローンはバッテリー残量が10%になったら自動的にその場で下降をはじめ着陸を試みます。

 

GoProKarmaは現時点でRTH機能はあるようですが、その他の安全に関する機能に関しては書かれていません。

なのでもしKarmaをご購入を楽しみにされている方がいたらこのあたりは少し意識されたほうが良いかもしれませんね。

ドローンは子供を笑顔にさせる!?

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

昨日、「家族写真をドローンで」という仕事のご依頼がありまして行ってまいりました。ご要望は

  • 一軒家も一緒に写す
  • 家族一緒に
  • 空から撮ったとわかる高さ・角度から

といったものでした。

お子さん3人とそのご両親、ご自宅を撮影したわけです。それ自体はそこまで難しい要件ではなかったのですが、個人的に印象に残ったのがお子さんの「反応」です。

知らない人が来たぞーーー!!

って感じで最初はお子さんもワチャワチャしてたんですが、ドローンが起動した瞬間からもう驚きと大爆笑の嵐。

ドローンはまず、

起動→動作チェック(プロペラが高速で回転し、いつでも離陸できる状態)→離陸

といった流れでスタートします。

この動作チェックのときからプロペラが勢い良く回転し、ブォーーーンと音を発するのでお子さん3人の目はもう釘付け、動きが止まります。

 

「最初は見慣れない何か」

 

ぐらいの認識なのですが、動き出すと完全に硬直しじーーーっと見つめます。

離陸したらもう大変

うわーー!!とかきゃーーー!!

と嬉しそうに叫んでお母さんに

アレみてみて!!!

と嬉しそうに報告したり、走り回ったり、お母さんの後ろに隠れてみたり。

本当に楽しそうでした。

 

初めて空飛ぶ物体を目にしたときの表情やリアクションなどが映像からはっきりと伝わってきます。ドローンはお子さんも笑顔にするんですね。

ご家族の方も非日常的な写真でご満足していただけたようです。

 

良い経験をさせて頂きました。

ちなみにたまたま屋根を撮影したら壊れている部分が見つかったのもドローンの良さですね(笑)

 

今回はご家族の写真なので掲載できず。別の写真を掲載しておきます。

f:id:skyeye-japan:20170424015844j:plain

伊豆の七不思議!? 神池と呼ばれる不思議な池をドローンで空撮してきました

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

静岡県の沼津にある「神池」ってご存知でしょうか?

タイトルにあるとおり、伊豆七不思議の一つと言われすごく綺麗なところなんですが沼津の人もあまり知らない隠れた観光スポットです。

何が不思議かと言うと、この神池は海に囲まれているのに常に淡水を維持している

ということです。私自身何度も足を運んだことがあるのですが、この「神池」から数十メートル歩くとすぐに海に出ます。神池にいると普通に波の音が聞こえてきます。

神池は淡水なので鯉だったりミドリガメだったりナマズだったりいろんな淡水の生き物が生活しているので、その非日常的な感覚にはじめての方は結構驚くみたいですね。

 

さてそんな神池ですが、何が観光で有名かと言うと「ダイビング」です。冬でもダイバーの方が泳いでいたりと格好のダイビングスポットのようです。夏になると最高の海水浴場にもなります。

 

この神池ですが、大瀬明神と呼ばれる神社の境内にあるので参拝料として100円払い、見に行くことができます。

鳥居をくぐって右側が神池、左側が神社なので一度参拝するのも良いかもしれませんね。神社は少し高いところにあるのでそこからみる海も絶景ですよ!

それではドローンによる神池の空撮動画をお楽しみください。

www.youtube.com

f:id:skyeye-japan:20170417214439j:plain