読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローンどんと来い!

空撮とかをしてるスカイアイジャパンのブログです。ドローンに関することを発信します。たまに営業もします。

GoPro Karmaが2017年6月に日本発売!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

ウェアブルカメラでダントツのGoProのドローン、Karmaが2017年6月に発売することが決まったようですね。GoProファンの方、ドローンファンの方は楽しみなのではないでしょうか?

 

f:id:skyeye-japan:20170425012132p:plain

GoPro Karma

Karmaは去年に北米では販売されていたのですが、ドローン本体に電源接続の問題があって一時的に出荷をやめていた経緯があるので今回は正確には再販という形ですね。

ちなみにその電源問題はガムテープを使って特定の配線を少しずらすだけで解決する、みたいなコメントが出されていた記憶があります。なんだそりゃ。さて今回はドローンオペレーターとして、Karmaの情報をまとめてみたので購入・興味のある方は参考にしていただければと思います。

GOPro KarmaとDJIドローンの大きな違い

GoProKarmaとDJIの同価格帯であるMavicとの大きな違いはなんでしょうか?それは

  • カメラの取り外し
  • 手ブレ防止機能自撮り棒になる

です。

カメラの取り外し

同価格帯のDJIのドローンであるMavicはカメラの取り外しができません

f:id:skyeye-japan:20170425014327p:plain

DJI Mavic

それに対してKarmaは自社のGoProのみですが取り付けられる様になっています。 流石ですね。

f:id:skyeye-japan:20170425012433j:plainf:id:skyeye-japan:20170425012437j:plain

取り付け可能なのはHERO5 Black,HERO4(SilverとBlack)

手ブレ防止機能自撮り棒

f:id:skyeye-japan:20170425015009p:plain

Karmaグリップ

KarmaにGoProを取り付けるための「アダプター」がそのまま自撮り棒に接続できる(Karmaグリップといいます)というのです。ちなみにこのKarmaグリップはドローンとセットで販売。しかもただの自撮り棒ではなく、強力な手ブレ防止機能がついています。

f:id:skyeye-japan:20170425015557p:plain

緑で囲まれた部分がKarmaにそのままカメラとして搭載されます

この緑で囲まれたGoProとアダプターをドローンから外してKarmaグリップにそのままカパッと取り付けすることができるのでドローン⇔手撮りを簡単に行えるというわけです。これはDJIのドローンにはない機能ですね。DJIの場合はOSMOと呼ばれるスタビライザーがあるのでそれを別途用意しないといけません。

GoProのユーザーの方はアウトドアでハードに使うことが多いと思うのでこれは嬉しい機能ではないでしょうか。

Karmaの性能

個人的に気になる点はいくつかあるのですが、注目すべきは最大飛行距離、飛行時間この2点でしょう。公式には

  • 飛行距離:3km
  • 飛行時間:20分(→14〜15分ほど?)

となっています。

ドローンは安全を考えてバッテリー残量が30%になったら着陸準備に入ったほうがよいとされているので実質飛行時間は14〜15分と考えてよいでしょう。

気になるKarmaの安全面

これが個人的に一番気になる点です。というのも現時点で一切日本のKarmaの安全面に関する性能の記載がないのです。

まずはDJIのドローンに搭載されているセーフ機能を紹介します。

  • ホームポイント
  • RTH(Return To Home)
  • 自動着陸

ホームポイント

ドローンが「帰ってくるべき場所」です。DJIのドローンは離陸時にGPS情報から離陸した場所やその近辺を自動で記憶します。

RTH

Return To Homeの略でRTHというのでですが、これはホームポイントと関係があります。これはプロポ(ドローンのコントローラー。送信機)とドローンの接続が切れてしまった時にドローンが自動で帰ってくる機能です(手動でもできます)。

自動着陸

色んな方法がありますが、DJIのドローンはバッテリー残量が10%になったら自動的に下降をはじめ着陸を試みます。

 

ざっとDJIのセーフ機能について紹介させてもらいましたが、GoProKarmaにはそれらに関する情報が一切掲載されていません。*1

なのでもしKarmaをご購入を楽しみにされている方がいたらこのあたりは少し意識されたほうが良いかもしれませんね。

*1:RTHに関しては海外の記事に「ある」と記載があったのでありそうですが、公式に掲載されていないのでなんとも言えません。

ドローンは子供を笑顔にさせる!?

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

昨日、「家族写真をドローンで」という仕事のご依頼がありまして行ってまいりました。ご要望は

  • 一軒家も一緒に写す
  • 家族一緒に
  • 空から撮ったとわかる高さ・角度から

といったものでした。

お子さん3人とそのご両親、ご自宅を撮影したわけです。それ自体はそこまで難しい要件ではなかったのですが、個人的に印象に残ったのがお子さんの「反応」です。

知らない人が来たぞーーー!!

って感じで最初はお子さんもワチャワチャしてたんですが、ドローンが起動した瞬間からもう驚きと大爆笑の嵐。

ドローンはまず、

起動→動作チェック(プロペラが高速で回転し、いつでも離陸できる状態)→離陸

といった流れでスタートします。

この動作チェックのときからプロペラが勢い良く回転し、ブォーーーンと音を発するのでお子さん3人の目はもう釘付け、動きが止まります。

 

「最初は見慣れない何か」

 

ぐらいの認識なのですが、動き出すと完全に硬直しじーーーっと見つめます。

離陸したらもう大変

うわーー!!とかきゃーーー!!

と嬉しそうに叫んでお母さんに

アレみてみて!!!

と嬉しそうに報告したり、走り回ったり、お母さんの後ろに隠れてみたり。

本当に楽しそうでした。

 

初めて空飛ぶ物体を目にしたときの表情やリアクションなどが映像からはっきりと伝わってきます。ドローンはお子さんも笑顔にするんですね。

ご家族の方も非日常的な写真でご満足していただけたようです。

 

良い経験をさせて頂きました。

ちなみにたまたま屋根を撮影したら壊れている部分が見つかったのもドローンの良さですね(笑)

 

今回はご家族の写真なので掲載できず。別の写真を掲載しておきます。

f:id:skyeye-japan:20170424015844j:plain

伊豆の七不思議!? 神池と呼ばれる不思議な池をドローンで空撮してきました

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

静岡県の沼津にある「神池」ってご存知でしょうか?

タイトルにあるとおり、伊豆七不思議の一つと言われすごく綺麗なところなんですが沼津の人もあまり知らない隠れた観光スポットです。

何が不思議かと言うと、この神池は海に囲まれているのに常に淡水を維持している

ということです。私自身何度も足を運んだことがあるのですが、この「神池」から数十メートル歩くとすぐに海に出ます。神池にいると普通に波の音が聞こえてきます。

神池は淡水なので鯉だったりミドリガメだったりナマズだったりいろんな淡水の生き物が生活しているので、その非日常的な感覚にはじめての方は結構驚くみたいですね。

 

さてそんな神池ですが、何が観光で有名かと言うと「ダイビング」です。冬でもダイバーの方が泳いでいたりと格好のダイビングスポットのようです。夏になると最高の海水浴場にもなります。

 

この神池ですが、大瀬明神と呼ばれる神社の境内にあるので参拝料として100円払い、見に行くことができます。

鳥居をくぐって右側が神池、左側が神社なので一度参拝するのも良いかもしれませんね。神社は少し高いところにあるのでそこからみる海も絶景ですよ!

それではドローンによる神池の空撮動画をお楽しみください。

www.youtube.com

f:id:skyeye-japan:20170417214439j:plain

 

ドローンで釣りはできるのか? 少し考えてみました

こんにちは、スカイアイ・ジャパンの今井です。

余談ですがMacBook Proを買いました。このMacBookProとドローンを持ってスタバでドヤ顔してきます。

f:id:skyeye-japan:20170416170141j:plain

 

さて、最近釣り好きの知人と話をしていたらドローンで釣り用のライン(釣りに使う糸)を飛ばせないかな?という話がでました。ラインをドローンにひっかけて目的の場所まで持って行って餌をリリースして水中に餌を落とす、ということだとそうです。

友人は雑談の中で聞いてきたのでそこまで本気で言っているわけではないのですが、面白そうですね。海外には実際にDJI社のドローンを使用してマグロを釣った方の動画があがっているのでそれを参考に日本ではどうだろう?と考えてみましょう。

www.youtube.com

どうやってマグロを釣ったのか?

まず、動画の方のDJI Phantomも含め市販のドローンは魚を釣り上げるほどのパワーは持っていません。アジぐらいまでのサイズで既に怪しい気がします。なので動画の方はドローンを

  • 餌を運ぶためのツール
  • 魚がいるポイントを見つけ出すための捜索用

この2点にしぼっているようです。あくまで魚を引っ張り上げるのは人だということですね。動画の方はタコを餌としたラインをドローンに固定させてマグロがいるポイントまで運んでいっています。このラインは釣竿からのラインとも繋がっていて、なんらかの方法でドローンからラインは外れ、メインの釣竿で釣り上げています。

一定の負荷がかかると外れる仕掛けでもあるのでしょうか。アナログといってはアナログですが、ドローンにあまり負荷をかけずに飛ばすとなるとこの方法になるのでしょう。

法律的にどうなの?

どっちかと言うとこちらの方がネックかも。

現状、ドローンから何かを運んだり落下させるのは救助目的をのぞいて法律でNGとされてます(残念ですが)。これは国土交通省(現在は地方航空局)に許可申請をすればOKがでることもあるのでいいのですが、釣りで餌を遠方に飛ばすためだけにそんなことするの・・・?という話なのであまり現実的ではないかもしれません(笑)。

このあたりをクリアすると釣りとしてもドローンは面白いツールになりそうです。

 

ただ、この動画を見ると餌を運ぶツール以外にも上空から魚が多いポイントを探すということにもその力を発揮しそうですし、釣り用のソナーも販売しているので組み合わせて使うと面白いこともできそうです。

 

これを書いていて、私もお仕事で河川の調査をしていたところ映像の中で魚が写っていたことを思い出しました。あくまで調査目的の映像だったのでそのときは「魚が写っとる」ぐらいにしか思わなかったのですが、釣り人からするとけっこう貴重な映像だったのかもしれません。

 

これから色々と法整備が進み、ドローンも進化するとドローンを使った釣りの分野も伸びるかもしれませんね。

 

最後になりましたが、市販のドローンは基本的に正規の製品以外を搭載することを推奨していないということはお忘れなきよう!

今回はドローンではどうだろう?というifのお話をさせていただきました。

それでは!

 

 

 

DJI Phantom 4 Advanced+ 発売開始!!

こんにちはスカイアイジャパンの今井です。

DJIが新しいPhantom4を出しましたね。

www.dji.com

その名も

Phantom 4 Advanced+

取り敢えず大文字にしてみました。

f:id:skyeye-japan:20170414010436p:plain

Phantom4シリーズこれでPro,Advanced,4の3つになるわけですが性能的には

Pro >Advanced>4

という感じみたいですね。値段もこんな感じです。値段を抑えて需要や重要度が高い機能を限定的に4よりも進化させて、そうでなさそうなところは4のままといった感じですかね。iphoneで言うとSEみたいな立ち位置でしょうか。

ただ、これに伴って4そのものが生産中止になるそうで実質4Proと4 Advancedの二択になります。

それと重要な点ですが、

Advancedは専用のモニターがついてきません。Advanced +にはついてきます。

値段は大体40,000円ほど違います。モニターを40,000円で買うということですね。

劣る、劣らないの比較は好きではないのですがザッと見てわかりやすいように性能面の比較をしておきます。

値段

Pro>Advanced>4

Pro・・・204,000円(Pro) or 239,000円(Pro +)

Advanced・・・179,000円 (Advanced) or 214,000円(Advaced +)

カメラ

Advanced≧Pro>4

素数・・・2000万画素、1型 ※4は1240万画素、1/2.3型

Advancedは4Kの60fpsの撮影が可能

衝突防止センサー

Pro>Advanced=4

後方のビジョンセンサーと赤外線センサーは省略

 

こんな感じでしょうか。

 

そんなわけでProの発売を通してユーザーの意見を反映して必要最小限の部分を進化させたAdvanced、価格と性能の比較で悩ましいところですがぜひ購入を検討されている方は参考にしていただければと思います。

 

 

Phantom4 Proを見失いかけました

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

今回はPhantom4とプロポ(コントローラー)との接続が切れてしまったときのお話をします。

ちょっと前に山と川とを同時に撮影するお仕事がありました。山間部を縫うように飛行する中々ハードな内容だったのですが、その中で一時期的にドローンとプロポ(コントローラー)の接続が切れてしまうという出来事がありました。

f:id:skyeye-japan:20170411223432p:plain

ドローン本体とプロポのモニターを交互に見ながら操縦するわけですが、ドローンとプロポの接続がうまくいかなくなってくると最初に「映像の遅延」や「ノイズ」が起こります。今回はそういった前兆がなく突然ブッツリと映像だけでなく全ての接続が切れてしまいました。

そういうときに備えて色々と安全策はとってあったのでよかったのですが、映像が切れて機体情報がわからなくなってしまったときはさすがに焦って色んなことが頭をよぎりました。

今までは「映像にノイズがのった」時点で引き返すか、接続がうまくいくまでPhantomの機体位置を変えるといったことをしていたので本格的にPhantomとプロポの接続が切れたのは初めての経験だったということもあります。

 

最近、ドローンの操縦法を教えて欲しいというご依頼があるのでマニュアルや練習法を考えていたのですが

「機体とプロポとの接続が切れてしまったとき」

という内容を盛り込んでも良いかなと思いました。やはりそういうときは冷静でなくなり判断を誤りがちなので、一度は自分がどうすべきかを知るためにもそういう状況を体験するのは良いことだと思ったので・・・

でも中々安全と確実性を両立した上でPhantomとプロポの接続が切れる状況を自然につくるというのは難しいんですよね。

何か良い案があれば教えて頂きたいところです。

ジャパン・ドローン 2017 / Japan Drone 2017 ビジネスデイに参加してきました DJI編

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

f:id:skyeye-japan:20170325013353j:plain

日本で最大級のジャパン・ドローン 2017 のビジネスデイに参加してきました!23日(木)の一日だけだったんですが、ドローン好きの僕としてはすごく面白かったし色んな方や企業の方とお話できて参考になることが沢山あったのでレポートします。

まずは個人的に

  • DJI製品
  • 国内のドローン現状やサードパーティ製品
  • ドローン関連のソフトウェア

これらに期待して参加してきたのでそっちよりのレポートになるかと思いますが、少しでも現場の雰囲気をお伝えできるようがんばりまっす!

ざっくりとした感想

まずはこのジャパンドローン2017に参加して感じたことですが、ドローンであってもそれに関するソフトウェアであってもまだまだ手探りである一方で物凄く成長する分野だなということです。これは個人の方だけではなく企業の方も含めてですね。

というのは、ドローンは世間的には急成長している分野の割にあまりにも未知のジャンルすぎるというのが理由だと思います。あまり良くない形で認知されたドローンですが、認知度の割にドローンそのものの性能、撮影された写真の運用方法や利用価値が理解されてなく効果がまだまだ想像・理解しにくいんだよねぇ~

というのを全体を通してすごく感じました。

例えば今はスマートフォンのアプリは成熟してスマートフォンを使ったデバイスも当たり前になってきましたが、発売された当初はスマートフォン自体もアプリそのものも「なんかすごいけどどうやって使えばいいのかわからない」といった形で使われていました。

今は広く浸透し、一人ひとりが自分にあった使い方が出来ているのでアプリを作る側もそれに応じてつくれるのですが過渡期は色んな用途が紹介されていました。今はドローンがそんな感じでしょうか。

 

はてさて前置きはここまでにして、実際にDJIのブースレポです。

DJI Japan

一番楽しみにしていたDJIのブースです。やっぱりドローンの中心的存在なのでブースも一番大きく、人だかりも常に絶えずその認知度を改めて思い知らされました。

f:id:skyeye-japan:20170326020620j:plain

開幕直後のDJIブース。それでも結構人がいます

今回はDJIの中でも新製品M210が国内で初めて展示されていたので現物をしげしげと見てきました。ほとんど情報がない機体なので、今回はこちらをメインにレポートします。M210に関する現物レポートとしては国内初?になるのかな、と。このM210はDJIでも力の入れ具合が半端ないみたいで、パンフレットがファミレスのメニュー表ぐらいしっかりしてました。

f:id:skyeye-japan:20170326020153j:plain

M210 Matrice(マトライス)

f:id:skyeye-japan:20170326014615p:plain

完全業務用のインフラ点検に特化したドローンで、今年の二月にプレスリリースされた機体です。お値段も聞いてきたのですが、販売店さんで公表されていなくて書いちゃまずそうなのでとてもお高いものだとだけかいておきます。新車の軽が買えるぐらいかな・・・そんなM210ですが下記の特徴を持っています。

  • 水平方向にカメラが二台取り付けられる
  • 垂直に撮影ができる
  • GPSがなくても正確に運行する
  • 防滴・防塵(IP43)
  • バッテリーを2つ搭載
  • 磁場耐性がある

これだけでも(個人的に)すごい機体だということがわかります。各機能について解説を付け加えると

水平方向にカメラが二台取り付けられる

f:id:skyeye-japan:20170326015612j:plain

向かって左がFLIRサーマルカメラZENMUSE XT 右側がZENMUSE X4S

通常の光学カメラとサーマルカメラを同時に搭載して撮影することで肉眼での映像とサーマルカメラでの映像を比較できます。電線や鉄塔、はたまた工場など肉眼とサーマルカメラでの映像を比較することで状況の認識がより向上します。

垂直に撮影ができる

f:id:skyeye-japan:20170326015801j:plain

垂直撮影用ZENMUSE Z30

DJIの出すドローンでははじめて垂直方向、つまり機体の真上の撮影ができます。橋の裏の撮影は需要が高いらしく、今回初搭載となりました。実際にメーカーさんに聞いていた方もいたので誤解しやすいところですが、M210は垂直方向のカメラを取り付けた場合、水平方向へのカメラはつけられません。

水平方向のカメラ1つ、垂直方向のカメラ1つというのは出来ず

  • 垂直方向のカメラのみ
  • 水平方向のカメラのみ

このどちらかの選択になります。

GPSがなくても正確に運行する

橋の裏側の撮影など、M210がGPS情報を習得しにくい場所でもM210本体に搭載されたカメラと超音波センサーから自位置正確に補足して正確に運行します。ただ、メーカーさんのお話だとある程度の高さまでいってしまうと難しいかも・・・とのことでした。

防滴・防塵(IP43)

ドローンを飛ばすときに一番の問題となるのが天候です。雨の日はもちろん、雨が振りそうなときも避けるのですがM210は基本雨天でも航行可能です。私もお客様の中で「雨の日に飛ばせたら最高なんだけどねぇ」という要望を直接言われたことがあります。

さて、紹介動画では雨の中でバッテリーを交換しているところがあったので聞いてみたところ接続端子さえ濡れていなければ雨天でもバッテリー交換はできるとのこと。バッテリー端子はかなり奥まったところにあるのでまず濡れないから大丈夫らしいです。

IP43について

4・・・1mm以上の大きさのものが機体内部に入ってこない

3・・・機体の真上から横方向に対して60°までの角度からの水は入ってこない(つまり真横から水がかかると入る可能性がある)

バッテリーを2つ搭載

 

f:id:skyeye-japan:20170326020343j:plain

わかりにくいですが、バッテリーが2つあることがわかります

バッテリーは寒さに弱いのでドローンも基本的に寒いところで飛ばすのはよくない、大体10度までいくとやめたほうがいいと言われています。私も霜の降りる2月の朝イチでの撮影の時はホッカイロでバッテリーを温めていました。

飛んでいる時になんらかの理由でバッテリーが機能停止したら笑えないのでM210はバッテリーを2つ搭載し、片方のバッテリーが突然機能停止してももう片方のバッテリーで航行します。また、バッテリー自身も温めておく機能を持っているそうです。この機能自体は同社のInsprire2も搭載しているのでそこまで目新しい機能ではないですね。

 

とまあM210MATRICEに関してはこんな感じです。カメラも取り付けると高級車一台分になるというトンデモドローンですが、その性能を考えるとその価値はありそうです。

うーんほしいな

 

デモフライトブース

f:id:skyeye-japan:20170326021425j:plain

実際にドローンを飛ばすデモフライトブースです。

今回デモフライトの対象となっていたのは

  • Phantom4Pro
  • Mavic
  • Inspire2

この3種類です。編隊飛行したり、その安定性・機動性の高さを見せつけてくれました。この時ばかりはデモフライトブースにも人だかりができてすごい状態でした。

 

まとめ

ジャパン・ドローン 2017 DJIブースはやはり期待度が高く沢山の方か色んなことを関係者の方に聞いていました。

ブースとしてはPhantom、Inspire、MavicもありましたがやはりM210Matriceと今回は紹介ができませんでしたが農業用ドローンAgras MG-1も展示されていました。ドローン自体は現在は農業用では明らかに用途があることがわかっているのでメーカーは力を入れたいところなのでしょう。