読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローンどんと来い!

空撮とかをしてるスカイアイジャパンのブログです。ドローンに関することを発信します。たまに営業もします。

GoPro Karmaが2017年6月に日本発売!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

※2017年5月11日加筆修正

ウェアブルカメラでダントツのGoProのドローン、Karmaが2017年6月に発売することが決まったようですね。GoProファンの方、ドローンファンの方は楽しみなのではないでしょうか?

 

f:id:skyeye-japan:20170425012132p:plain

GoPro Karma

Karmaは去年に北米では販売されていたのですが、ドローン本体に電源接続の問題があって一時的に出荷をやめていた経緯があるので今回は正確には再販という形ですね。

ちなみにその電源問題はガムテープを使って特定の配線を少しずらすだけで解決する、みたいなコメントが出されていた記憶があります。なんだそりゃ。さて今回はドローンオペレーターとして、Karmaの情報をまとめてみたので購入・興味のある方は参考にしていただければと思います。

GOPro KarmaとDJIドローンの大きな違い

GoProKarmaとDJIの同価格帯であるMavicとの大きな違いはなんでしょうか?それは

  • カメラの取り外し
  • 手ブレ防止機能自撮り棒になる

です。

カメラの取り外し

同価格帯のDJIのドローンであるMavicはカメラの取り外しができません

f:id:skyeye-japan:20170425014327p:plain

DJI Mavic

それに対してKarmaは自社のGoProのみですが取り付けられる様になっています。 流石ですね。

f:id:skyeye-japan:20170425012433j:plainf:id:skyeye-japan:20170425012437j:plain

取り付け可能なのはHERO5 Black,HERO4(SilverとBlack)

手ブレ防止機能自撮り棒

f:id:skyeye-japan:20170425015009p:plain

Karmaグリップ

KarmaにGoProを取り付けるための「アダプター」がそのまま自撮り棒に接続できる(Karmaグリップといいます)というのです。ちなみにこのKarmaグリップはドローンとセットで販売。しかもただの自撮り棒ではなく、強力な手ブレ防止機能がついています。

f:id:skyeye-japan:20170425015557p:plain

緑で囲まれた部分がKarmaにそのままカメラとして搭載されます

この緑で囲まれたGoProとアダプターをドローンから外してKarmaグリップにそのままカパッと取り付けすることができるのでドローン⇔手撮りを簡単に行えるというわけです。これはDJIのドローンにはない機能ですね。DJIの場合はOSMOと呼ばれるスタビライザーがあるのでそれを別途用意しないといけません。

GoProのユーザーの方はアウトドアでハードに使うことが多いと思うのでこれは嬉しい機能ではないでしょうか。

Karmaの性能

個人的に気になる点はいくつかあるのですが、注目すべきは最大飛行距離、飛行時間この2点でしょう。公式には

  • 飛行距離:3km
  • 飛行時間:20分(→14〜15分ほど?)

となっています。

ドローンは安全を考えてバッテリー残量が30%になったら着陸準備に入ったほうがよいとされているので実質飛行時間は14〜15分と考えてよいでしょう。

気になるKarmaの安全面

これが個人的に一番気になる点です。というのも現時点で一切日本のKarmaの安全面に関する性能の記載がほとんどないのです。

まずはドローンとして先行しているDJIに搭載されているセーフ機能を紹介します。

  • ホームポイント
  • RTH(Return To Home)
  • 自動着陸

ホームポイント

ドローンが「帰ってくるべき場所」です。DJIのドローンは離陸時にGPS情報から離陸した場所やその近辺を自動で記憶します。

RTH

Return To Homeの略でRTHというのでですが、これはホームポイントと関係があります。これはプロポ(ドローンのコントローラー。送信機)とドローンの接続が切れてしまった時にドローンが自動で帰ってくる機能です(手動でもできます)。

自動着陸

色んな方法がありますが、DJIのドローンはバッテリー残量が10%になったら自動的にその場で下降をはじめ着陸を試みます。

 

GoProKarmaは現時点でRTH機能はあるようですが、その他の安全に関する機能に関しては書かれていません。

なのでもしKarmaをご購入を楽しみにされている方がいたらこのあたりは少し意識されたほうが良いかもしれませんね。