ドローンどんと来い!

空撮とかをしてるスカイアイジャパンのブログです。ドローンに関することを発信します。たまに営業もします。撮影・記事執筆・講習のご依頼はこちらからskyeye.japanアットgmail.com(アットを@に変えてください)

多治見市のモザイクタイルミュージアムをドローンで空撮!

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。

少し前の話になりますが、岐阜県多治見市にある観光スポットで有名なモザイクタイルミュージアム様(以下モザイクタイルミュージアム)にてドローンで空撮、写真と動画の提供させて頂きました。

www.mosaictile-museum.jp

所在地: 〒507-0901

岐阜県多治見市笠原町2082−5

時間:· 9時00分~17時00分

電話: 0572-43-5101

f:id:skyeye-japan:20170519005516j:plain

タイルの生産日本一である多治見市笠原町に2016年6月にオープンしたモザイクタイルミュージアムですが、かなり変わった形をしています。

私もはじめて見たときはこれ本当に建物?と思っていました。信じられないですが、これがミュージアムそのものなんです。写真で黄色い歩道が見えると思いますが、その先にあるのが入り口です。

正直なところ、そこが入り口だと教えられていても本当に?嘘じゃないの?と疑っていました(笑)

モザイクタイルミュージアム

こう見えて4階あって、

1階:ワンコイン体験工房、貼子体験

2階:色々な機能やデザインを持つタイルの展示

3階:タイルの種類・歴史

4階:タイルを使った工芸美術などのアート

となっています。個人的には現在の在宅事情にあった高性能タイルの展示が面白かったですねー

屋根に穴!?

f:id:skyeye-japan:20170519010601j:plain

光の加減で少しわかりにくいですが、モザイクタイルミュージアムを真上から撮影した写真です。左側に大きく穴が空いているのがわかると思います。

撮影をしていて、ずっと疑問だったのがこれ内部に直接つながってるよね?雨の日大丈夫なの?肝心なところまでは雨が入ってこない構造になってるとか??

といろいろと考えてしまいました。

内部からみた時は何故かそんなことも考えなかったのですが、空撮をしているときにふつふつとそんな疑問が浮かんできました。

モザイクタイルミュージアム館長でもある堀江館長様にそのことを聞いてみたところ、繋がっているそうです(笑)。

後から自分も確認しましたが、やっぱり繋がってる(笑)。空が見えちゃうんです!

f:id:skyeye-japan:20170519011927j:plain

これが内部の4階から撮った写真です。空が見えてますよね。

はてさてじゃあ雨の日は大丈夫なのか、というと大丈夫なんですよ。雨は当然入ってくるんですが、傾斜がかかってるのか?一箇所に集められてきちんと排水されるようになってるんですねー。

そもそも4階は濡れてもいいのか?という話ですが、4階そのものが防水構造になっている様です。例えは変ですが、風呂場みたいな構造なんですよ。風呂場だったら濡れてもいいし、外が見えていても構わないということです。

単純ですが、それを実際に表現するってすごいですよね・・・

モザイクタイルミュージアムは夜もきれい

モザイクタイルミュージアムは夜も綺麗なので、ドローンからその魅力をお伝えします。

f:id:skyeye-japan:20170519014516j:plain

f:id:skyeye-japan:20170519014615j:plain 

f:id:skyeye-japan:20170519014718j:plain

はてさて、今回はモザイクタイルミュージアムの魅力を空からお伝えしました。

 

タイルや工芸美術に興味のある方はぜひ行ってみてください!